都内最古の寺院、浅草・浅草寺で見たイチョウの樹の生命力

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は台東区浅草にある浅草寺を訪れました。浅草寺といえば寺の入り口に堂々と構える雷門のロゴが入った大きな赤提灯が有名なお寺ですよね。

浅草寺五重塔

日本全国からの観光客だけでなく、世界中から多くの人が毎日この寺には訪れているそうです。なんとその数、年間3000万人もいるんだとか。

私が同寺を訪れた日も、平日の昼間だというのに中高生の修学旅行生から、アジア人、欧米人の旅行者と、多くの観光客でにぎわっていました。もちろん、地元の方なのでしょう、愛犬を連れて気持ちよそうに寺内を散歩する人の姿も多く見受けられました。

浅草寺は東京都内で最も古い寺院です。その歴史は約1400年もあるということで、園内には寺の歴史と一緒に歩んできたのでしょう、大きなイチョウの樹がたくさん立っています。樹齢は600~800年ともいわれています。

ただ、このイチョウの樹――。その長い歴史のなかで、ずっとここ浅草寺に立ち、多くの光景を見てきたようです。

今から約60年前。第二次世界大戦中、東京は大空襲に襲われました。本来であれば神社・仏閣は戦火に遭うことがないのでしょうが、1945年3月10日、ここ浅草寺は火の海となりました。

私もこれまで何度も浅草寺を訪れていましたが、この事実を知ったのは初めてでした。そしてそれを教えてくれたのが、この大きなイチョウの樹だったのです。

イチョウの樹に近づいてみると、なんと焼け焦げた跡があるではありませんか。触ればススも付きます。まるで、つい最近燃えたかのような・・・。

浅草寺イチョウの焼け跡

ですが樹はしっかりと生きています。もちろん、季節になればたくさんの緑の葉っぱで身をまとい、酒の肴として人気のある銀杏の実もたくさんつけるとのことです。

調べると、イチョウの樹というのは他の木に比べて水分をより多く含んでいるそうで、火災の際には周りの建物を守ってくれるんだとか。ですから“神木”とも呼ばれ、神社仏閣では古来より植えられてきたということでした。

浅草寺イチョウ外観

観光客がにぎやかに行き来する雑踏のなか、傷を負いながらも堂々と、そしてたくましく生きるイチョウの巨樹を見て「よし、私もがんばろう!」そんな気分になりました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です